医療

ビル

がん治療は専門病院と総合病院どちらがいいのか

がん専門の医療機関はがん治療を専門にしているため、他の疾患を診る体制が整っていないことがあります。
その場合、透析治療を受けている人や重度の糖尿病、心臓病のある人では受け入れてもらえない可能性もあります。
がん治療によって、持病が悪化する可能性も視野に入れて医療機関を選択していくことが重要です。
最近では、がん以外の病気に対応する診療科を併設するがん専門病院も増えてきています。
がん専門病院を受診するなら、持病がある場合にはその診療科が併設されているかどうか確認したり、相談窓口で尋ねておくことが大事です。
一方で、総合病院ではがん治療に必要な体制が十分でないところもあります。
そのため、たとえば手術はしたけれど、術後の放射線治療はほかの病院で受けるということも考えられます。
ただ、十分な持病のサポートが必要だという人に関しては、総合病院を選択することも大事です。
専門病院、総合病院、どちらがいいというのは、持病の有無で左右されます。

ビル

関連情報一覧

がん治療は専門病院と総合病院どちらがいいのか

最新治療を受けられる医療機関を探す前に

アメリカの薬剤師事情から学べること

調剤だけじゃない薬剤師業界のこれから