医療

ビル

調剤だけじゃない薬剤師業界のこれから

アメリカのIHN、統合ヘルスケアネットワークは大病院や中小病院や医療関連の施設、事業者を買収することで大きな事業体に統合して効率化を進めています。
このスタイルが日本の医療システムと合致するかどうかはまだまだ地域包括ケアシステムの形をしっかりと構築していく必要があるというのが現状です。
共同薬物治療管理業務も統合ヘルスケアネットワークもアメリカのシステムをそのままというわけにはいきませんが、日本の医療の方向性のひとつとして多くの示唆を与えてくれるのは明白です。
薬剤師を目指す人なら今後も注視して見守っていく必要があります。
ほかにも、テクニシャンといって薬剤師助手の導入も考えられ、調剤補助のほか、事務などのその周辺業務も行っています。
テクニシャンが業務の補佐を行うことで本来の業務に専念できるわけです。
また、アメリカでは処方薬を出すだけでなく、保険会社との折衡も行います。
これは民間保険を利用しているからですが、日本でも財政状況が悪くなれば民間保険の重要性が高まることも考えられ、今後、折衡を行う可能性もゼロではありません。

ビル

関連情報一覧

がん治療は専門病院と総合病院どちらがいいのか

最新治療を受けられる医療機関を探す前に

アメリカの薬剤師事情から学べること

調剤だけじゃない薬剤師業界のこれから