医療

ビル

アメリカの薬剤師事情から学べること

日本の医療を考えるうえで参考になるのが、アメリカの薬剤師事情です。
日本の薬剤師の倍の年収1200万円ほどもらっており、それだけ社会的地位を得ています。
そのキーワードの一つがCDTMで共同薬物治療管理業務です。
医師と契約を交わすことで、契約の範囲内で処方権を持つ頃が可能です。
アメリカは国民皆保険制度ではないため医療費は高く、自然とセルフメディケーションへの意識が高まります。
こうした事情により、医師よりも先に相談を受ける機会が薬剤師は多いわけです。
時には医師の代わりを務めることもある薬剤師のステータスが上がるのは、自然なことです。
もちろん主体的に患者とかかわれることで大きなやりがいにもつながっています。
また、専門性を竹めるために、6年制の専門教育を1998年以降行っており、日本よりも8年も先んじていたことになります。
その教育はCDTMをはじめとする先進医療を担える能力を承認するもので、資質を大きく引き上げ多くの人から信頼される根拠の一つとなっているわけです。

ビル

関連情報一覧

がん治療は専門病院と総合病院どちらがいいのか

最新治療を受けられる医療機関を探す前に

アメリカの薬剤師事情から学べること

調剤だけじゃない薬剤師業界のこれから