がん治療はどの医療機関にかかるのが安心なのか

ビル

がん診療連携拠点病院は、国の整備指針に示されたがん診療のエキスパートが配置されていて、設備も整備された医療機関です。
また、体制や対応状況、診療実績などに関してがん情報サービスのホームページ上で公開されています。
がんの種類やステージによっては、がん診療連携拠点病院以外でも十分な体制や実績がある場合もあります。
通院のしやすさなども含めて、担当医と相談していくことが大事です。
がん診療連携拠点病院でセカンドオピニオンを受けるという方法もあります。
そして、患者が多く集まってくるがん専門の医療機関や大学病院などでは、手術などの治療開始までに一か月前後かかることもあります。
その間にがんが進行してしまうのではと不安になるのはもっともなことです。
しかし、1か月程度で急速に進行していくがんはそれほど多くありません。
医師はがんの性質や進行を考慮して治療開始時期を決めていますので、心配な場合は担当医に聞いてみることも大事です。
セカンドオピニオンを受けたり、治療後の生活の計画を立てるなど、待っている時間を有効に使うようにします。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren2set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

ビル

関連情報一覧

がん治療は専門病院と総合病院どちらがいいのか

がん専門の医療機関はがん治療を専門にしているため、他の疾患を診る体制が整っていないことがあります。<

最新治療を受けられる医療機関を探す前に

最新治療には臨床試験段階の治療法や、国が承認した医療機関に限っておこなわれる先進医療などがあります。

アメリカの薬剤師事情から学べること

日本の医療を考えるうえで参考になるのが、アメリカの薬剤師事情です。
日本の薬剤師の倍の年収12

調剤だけじゃない薬剤師業界のこれから

アメリカのIHN、統合ヘルスケアネットワークは大病院や中小病院や医療関連の施設、事業者を買収すること